熱交換塗料

熱交換塗料で熱を反射。外壁や道路に。

新技術塗料!熱を消す塗料

nc_gpf04Photo0120090430024158 にわかに信じられないかもしれませんが、「熱を消す塗料」が登場しました。今までにない全く新しい発想のこの塗料は、「塗るだけで熱を消費」してしまいます。「熱交換」という方法で「太陽の熱エネルギー」を瞬時に「運動のエネルギー」に変換してしまうのです。その結果、真夏の強い陽射にさらされた鉄板も、手で触れられる温度以上に上がりません、使用用途は、屋根や外壁にとどまらず。駐車場のアスファルト面にも、塗ることができます。
〔朝日放送 報道ステーションで紹介されました(2008年10月)。〕
[TBS がっちりマンデー!! 2010年7月11日の放送においても熱交換塗料が紹介されました!〕

熱交換塗料とは

nc_gpf04Photo0220090430024158 原理は簡単です。塗料の中に「熱交換物質」がミクロン単位の薄い塗膜の中に注入されています。「太陽光線」は塗料の表面に当たったら一度「熱エネルギー」に変わります。それが、熱交換塗料の中の「熱交換物質」に触れることによって「運動のエネルギー」に姿を変え、「その場で消費」されてしまうのです。太陽熱対策のトップコートとして、他にない機能を持っています。

従来までの塗料と熱交換塗料の違い

nc_gpf04Photo0320090530024519

 熱交換塗料がどれだけ優れているか、従来までの「反射塗料」と比べて下さい。今までの断熱の考え方は、太陽光線を反射によってはじき返すと言う単純な考え方でした。その為、塗料は光沢の有る物か、白、又はそれに近い色でないと十分な反射効果が期待出来ませんでした。さらに、初期反射能力が時間と共に失われていくという欠陥があったのです。その原因は、塗装面に堆積していく様々な汚れです。「黄砂」「車塵」「大気中の粉塵」等々、それらが複合的に反射を阻害し、同時に断熱効果を阻害してしまうのです。
 熱交換塗料はそうした汚れは勿論、傷にも摩耗にも影響を受けること無く、長く効果を持続します。そして何よりも、色の種類によって断熱効果に差が生じる事はありません。
 さらに、熱交換塗料は、表面で熱を消費してしまいますので、塗装面下の断熱層が熱を抱え込むようなことは全くありません。
 自然に逆らわない「太陽熱交換方式」・・・。地球環境に対するエコにも大きな貢献をすることが出来ます。

熱交換塗料の特徴と使用用途

nc_gpf04Photo0420090430024159
↑熱交換塗料を使用したアスファルト

 熱交換塗料には、このような特徴があります。
・塗色のバリエーションが豊富です。
・反射塗料と違い、艶消しタイプです。
・屋根や防水層のトップコートとして、広範囲な樹脂選択が可能です。
・屋根・壁は勿論、路面にも応用出来ます。
・反射塗料と違い、周辺の眩しさ、熱さがありません。
・耐久性に優れ、四季の変化・酸性雨にも有効です。
・薄い塗膜でも十分に効果を発揮し、厚塗りは不要です。
・真冬には凍結防止の強い味方になります。
・熱交換作用により、夏場の室内温度の低下が期待できます。

 使用用途
・一戸建て・マンション・アパートの外層塗装による冷房コストの削減。
・工場、物流倉庫の折板屋根塗装による冷房コストの削減。
・アスファルト舗装面への塗装による蓄熱・照り返し熱の防止。
・屋外プール廻りの足熱低減効果。
・防水シート、防水層の熱劣化防止効果。
・外断フォームの下地塗装によるフォーム厚の薄層化効果。
・牛舎、鶏舎等の小屋の屋根塗装による暑熱化対策。

Return Top