舗装の種類

アスファルト舗装

IMGP6767

通常の黒色のアスファルト舗装。
アスファルト舗装では、路床の上に、路盤、基層、表層からなる舗装です。
一般的な舗装ではありますが、舗装と言っても多くの種類があります。下記より様々な舗装の種類をご紹介させていただきます。

排水性舗装・透水性舗装

nc_gpf01Photo0220081225042800 排水性舗装とは、一般的には高機能舗装と呼ばれています。
高速道路や国道に見られる、低騒音の効果と、水溜まりが出来ない舗装になります。
下の層を不透水層とする構造からなる舗装で、降雨時における雨水等を路側あるいは路肩の排水構造物に処理する機能を持っています。

透水性舗装は不透水層を設けず、路盤・路床に雨水等を浸透させることができます。

半たわみ性舗装

nc_gpf01Photo0320090811035042 空隙の大きなアスファルト舗装を施工後、その空隙にセメントを主体とする浸透用セメントミルクを浸透させる舗装です。

インターロッキングブロック舗装 

nc_gpf01Photo0420081225042800 表層にアスファルト混合物を使用せず、表層に舗装用コンクリートブロックを用いて、ブロック相互のかみ合わせ機能により、荷重を分散させる方式の舗装です。

カラー舗装

nc_gpf01Photo0520081225042800 表層用の混合物に脱色アスファルトを用いたりして、アスファルト混合物に顔料を添加して色を付けたり、人工着色骨材を表層用混合物の上に撒いたりして、路面の明るさを向上させた舗装です。 

「トダカラー」のご紹介

トダカラー

作業性・環境性・対候性に優れたカラー舗装

カラー舗装として使われているものの中に戸田工業株式会社の「トダカラー」というものがあります。
こちらは発色性はもちろん、作業性・環境性・対候性などその優れた商品が高い信頼を獲得しています。
駐車場の部分とアプローチ部分とを分ける際に色わけしたり舗装のアクセントとしてみたりと、使い道はたくさんです。

トダカラー2

Return Top